FX 入門者が覚えておきたい売り時のシグナル

FX 入門における投資の際の買いのシグナルとして、ゴールドクロスが有名ですが、相場の転換点を示す重要なサインとなりますので、絶対に見逃してはならないポイントと言えます。これに対して、もう一つFX 入門したての初心者が覚えておきたいポイントが、デッドクロスと呼ばれるもうひとつのシグナルです。デッドクロスとは、ゴールドクロスに対して逆のポイントとなるもので、売り時のシグナルとして知られているポイントです。デッドクロスは、ゴールドクロスとは全くの逆で、 短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に貫くラインがその特徴です。

デッドクロスは、一定の期間通貨が買われた状態、つまり為替レートが上昇している状態が、逆に下降していく状況のきっかけとなるものです。したがって、このデットクロスが確認された場合、所持する通貨が値下がりする恐れがある為、売却に転じるきっかけとなるわけです。

ただし、ゴールドクロスと同様に、だましと呼ばれる現象も起こり得ますので、十分な注意が必要です。ともあれ、購入したお目当てのペア通貨が下落する危険性がありますので、一つの判断材料として使えるでしょう。熟練者になると、だましを考慮したうえで取り引きを行うようです。