FX 入門初心者なら必ず知っておくべきスプレッドの仕組み

FX取り引きにおいて、FX 入門者のみならず、誰しもが必ず関わってくるものが、このスプレッドと呼ぶ仕組みでしょう。スプレッドの意味は、広がりや幅といった意味合いのものですが、トレーダーたちが取り引きをする際に、買い取り時の為替レートと売却取り引きの際の為替レートが、異なっている事に注目して下さい。なぜ、買い取りと売却の価格レートが異なっているのでしょうか。

FX 入門者であれば、まずはFXの投資法を学び、投資を行う為にFX取り引き業者などに口座を作り、そこから取り引きがスタートします。この時、自分の預金口座から、外国の通貨を購入する手はずとなりますが、そこで目にするのがこの売買時のレートの違いでしょう。

実は、このレートの差の事をスプレッドといい、いわばFX取り引き業者の手数料として扱われています。FX業者は、当然会社としての利益を得なければなりませんが、その収益の一つがこのスプレッドの仕組みというわけです。FX業者としては、トレーダーたちが増えていき、盛んに取り引きを行う事で取り引き手数料として、このスプレッドによる収益を得ています。ただし、銀行などとは異なり、FX業者のスプレッドはかなり安く、私たちが安心して取り引きを行える環境を作ってくれています。